様々なサービスを展開するLINEは新しい「出会いの手口」が多様化している?

MENU

多方面にサービス展開するLINEの巨大化で再度「LINE出会い」のチャンスが広がる?

男女の大人の出会いに関して非常に規制の強いLINEアプリだったが、ここ最近は徐々に状況が変化して来ているようだ。

 

LINEは基本的に友達になった人と気軽にリアルタイムチャットや無料音声通話での「電話」を楽しむメッセージングアプリである。

 

しかし

オープンなコミュニティー空間を不特定多数のLINEユーザー同士で共有できる「LINE PLAY」

 

ディズニーと提携して一般女性も虜にした「ツムツム」を筆頭に「LINEポコポコ」、「LINEトイズ」などソーシャルゲームや

 

個人でもオープンな情報配信が可能となる「LINE@」

 

定額制で音楽が聞き放題となる「LINE MUSIC」

など非常に多方面なサービス展開を始めている。

 

恐らく、この展開はメッセージアプリとしての独占とも言える状況で売り上げの「頭打ち」を危惧しての横展開だと思われる。

 

LINEは数年前から株式上場すると噂されているが、売り上げが頭打ちではIPOも上手く行かない。このサービスの多様化はある意味で当然の動きとも言える。

 

男女の出会いに関してのLINEに話を戻すが、私は徐々にLINE出会いが規制緩和されているのでは?と感じている。もちろん、表面上は大企業なので露骨な出会いに関しては厳しく対処するだろうが、LINEは確実に個人でも情報配信が不特定多数の人間に可能な状況を作り出している。

 

そうなれば、サービスの隙を付いて男女の出会いを成立する人間が出てくるのは当然の流れ。こんかいはそんなLINEサービスの隙を付いた「LINE出会い」の可能性についてお話したい。

LINE PLAYでの出会い

まず、私が一番気軽なLINE出会いに適しているのでは?と感じたのが「LINE PLAY」である。このアプリはLINEとは別にインストールする必要があるのだが、ワンタップで導入できるので是非とも導入して頂きたい。

 

LINEが徐々に出会い規制緩和している

 

簡単に説明すればLINE PLAYはアメーバピグのパクりバージョンと言った感じである(笑)LINE PLAY上では自分のアバターや自宅などをバーチャルな空間上に作る事が可能だ。そのバーチャル空間で友達達と会話したり、チャット出来る仕組みだ。

 

注目したいのはLINE PLAYは

共通の趣味

 

職業

 

地域

などに分かれた部屋が用意されている点だ・・・そして、その部屋には紛れも無く不特定多数の人間がウロウロしている状態である。

 

しかも、自由にアバターに対して声を掛けてチャットする事も可能だし「ハート」を送る事が可能だ。つまり、女の子のアバターに対して手当たり次第にハートを送ったり声を掛けたりして「繋がり」を楽しめるサービスとなっているのだ。

 

実際にTwitterで「LINE PLAY」と検索すると以下のような呟きが見られた。

LINE PLAY楽しい!友達募集なう

 

LINE PLAYで彼氏作ってる!

 

イケメン募集!LINE PLAYのIDは○○だよ

 

最近セクロスしてないからLINE PLAYでヤリチン見つけるなう

など、完全に出会い系状態となっている事が確認出来た・・・

 

まあ、中には悪質な逆釣りを楽しむネカマなどの存在も確認出来たが、圧倒的なユーザー数を誇るLINEであるから、出会い系などで鍛えた女性探しスキルがあるなら天然素人な女の子を爆釣りする事も十分に可能だと判断した。

LINE@は高度な逆釣り出会いが可能?

次に「LINE@」と呼ばれるサービスについて考えてみたい。

 

このLINE@というサービスは通常のLINEとは違い有料サービスである。特徴は特定の友達や知り合いに向けてメッセージを送れるLINEとは違い、不特定多数のLINEユーザーに対して情報配信できるメルマガスタンド的なサービスと言える。

 

このLINE@も基本的にはLINEとは別にアプリをインストール必要がある。Google PlayまたはApp Storeで「LINE@」と言う名前では無く何故か「LINEat」と検索しないと出てこないのは謎過ぎるのですが、「LINEat」と検索すれば直ぐにアプリをインストール出来る。

 

そして、この「LINE@」を楽しむには自分のLINEIDを紐付ける事によりLINE@の登録作業は完了します。

 

下記に「LINE@」で出来る事をまとめてみました

友だち登録してくれた人と2ショットトーク

 

友だち登録してくれた人全員に一括メッセージ送信

 

自動登録メッセージの設定

 

ホーム投稿

 

友だち数・ホーム投稿などの確認

 

クーポン・広告ページなどの配信

上記の機能を見る限り、LINE@は自分にファンを付けたり、自分の事をアピールするのに効果的なサービスだと言えます。

 

LINE@で友達を増やすには、基本的に外部のサービス(facebook、Twitter、SNS、掲示板)などで自分のアカウントIDを告知する事で集めるのが一般的なようです。

 

前提として自分のIDをネット上に晒してファンや友達を付けて行き、そのファンや友達などに自分の情報を一括配信出来る流れが「LINE@」の醍醐味だと言えるでしょう。

 

ある意味で、この「LINE@」は出会いにおいても非常に効果的なのでは?と私は思いました。自分の事をネット上などでアピールして、気になった人に対してアプローチすると言う大胆な仕組みですが、最近はニコ生など自分の私生活を晒して女の子とパコりまくっている有名生主と呼ばれる人々も登場してきていますからね。

 

大人の出会いを目的する場合においては、非常に高度な手法となるのは間違いないですが、個人的にはLINE PLAYより大規模な数の女性と一気に繋がるチャンスは大きいと判断しています。有料と言うのがネックではありますが(汗)

統括

このように現在のLINEは確実に不特定多数の人間を結びつける方向に舵取りをして来ていると感じます。

 

まあ、露骨で卑猥なメッセージ送信などはLINE運営側が厳しくチェックしていると思いますので控えた方が無難だと思いますが、とりあえず女性と繋がる事に関しては上記のLINEコミュニティーは非常に男女の出会いに効率的なツールだと言えるでしょう。

 


PAGE TOP