ID交換の場所さえゲット出来ればLINEは出会いもセフレも入れ食い状態の市場!

MENU

出会いに厳しいLINEは電話系コミュニティーを駆使してID交換がベスト!

LINEアプリにおける男と女の出会い。これは非常にスピーディーな動きで時代の流れと共に変化していると言えるでしょう。

 

LINE出会いの昔と今

 

まず、LINIEには出会い系サイトが流行りだした時と同じような動きがありました。スタービーチが凄まじい大ブームを引き起こしある種の

出会いの無法地帯

このような事態がLINEアプリでも起きました。

 

これはLINEアプリがまだそれほど人々から認知されていない出始めの時に起こりました。LINEが出始めの時は今とは比べ物にならない程ID交換に関しての規制がありませんでした。未成年のID交換も自由に出来ましたし、複数アカウントも簡単に1つの端末で取る事が出来たので、援交に成れた親父達はID交換掲示板などでJKやJCと出会いまくり・・・

 

当然、ヤリ逃げする悪い男は後を立ちませんでしたし、一発セックスした後に事前に約束していた「割り切りの料金」を支払わないなんて事は日常茶飯事。更には、逆に女の子を恐喝して金を奪うなんて凶悪な事件も立て続けに起きていました。

 

このような出会いの無法地帯は負の連鎖を引き起こします。LINE内で起こった最悪の事件は間違いなくの、2013年6月の広島県呉市で起きた

広島LINE殺人事件

これでしょう・・・

 

16歳の無職少女がLINEで知り合った「元同級生の16歳の少女を暴行、殺害し、遺体を呉市の山中に遺棄した事件」です・・・何ときっかけはLINE内のチャットで起きた「口論」です。

 

口論から男女トラブルへ発展して、6名の男女が一人の少女を監禁して暴行。呉市の山中に死体遺棄すると言うとんでもない事件となってしまいました。

 

この事件をきっかけにしてLINEは未成年のID交換や外部サイトのLINEID交換掲示板などに対して厳しい規制を行ったのです。

 

そして2015年現在、LINEは引き続き厳しい男女の出会い規制を続けています。しかしLINEは基本的にコミュニケーションツールアプリですのでLINE内で出会いを実現出来なくても、メール代わりにLINEを使い外部のサービスでID交換をし、LINE内で出会いやセフレ探しを使う事は十分に可能な状況と言えるでしょう。

 

やはり私はLINEの主要サービスである無料音声通話と最も親和性の高い「電話」を利用したコミュニティーを利用するのが一番効率的に出会いを探せると思います。

 

ツーショットダイヤルは確実にLINEの人気化と比例して男女の利用率が伸びていますからね。まずはツーショット番組でセフレ候補や気軽にエッチ出来るヤリ友を探してLINEID交換すれば良い。出会いに関してはLINE上で煮詰めて行けばなんの問題もなく出会いが楽しめると言う訳です。

 


PAGE TOP